緑x緑 (流線)

2017.04.19 Wednesday
カテゴリ : ガラスペン(インサイド)


 

緑x緑の配色パターン。

柄に使用している色ガラスは濃いめの深緑色。

ペン先と持ち手の溶着部分にメリハリを付けるようにしました。

溶着部を持っても、もう少し上の太いところを持っても、さらに上のくびれ部分を持っても

ストレス無く筆記ができるようにペン先を調整しています。

 

 

持ち手部分の立体模様、緑は環境によってガラリと雰囲気が変わります。

ある時は緑、時には黄色、またある時にはほんのりピンク。

 


流線

2017.04.11 Tuesday
カテゴリ : ガラスペン(インサイド)

持ち手部分の立体的な模様が印象的なガラスペン。
立体的な模様、全体的なシェイプ、ペン先の形状、全てにおいて流れる様な「流線型」をイメージしています。


「流線」白x青 165mmx15mm ペン先26mm 重量35g




重心をペン先側に置いてあるのでペンの重みだけで筆圧をかけずに筆記ができ、
力を抜いて滑るような書き心地を楽しむことができます。

卓上に落とした氷を指先で動かすような感覚です。


ペン先の形状と溝とのバランスが非常によく、字幅を太字に加工することが可能です(通常ガラスペンは細字の物が多いです)。



 


矢絣 (白・桜)

2017.02.19 Sunday
カテゴリ : ガラスペン(インサイド)

ペン軸の持ち手部分に浮かぶ立体模様が印象的なガラスペン。

和柄である矢絣模様をモチーフにしています。

白い立体模様と淡い桜色の柄の色合わせが爽やかな春、満開の桜をイメージした一本です。

インサイドシリーズとしては細身で軽量に仕上げてあります。

 

ペン先の12本溝は深くたくさんのインクを留め乾きにくいため、より長文筆記が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 


十二

2017.02.19 Sunday
カテゴリ : ガラスペン(十二)

ペン先に12本の溝を入れたシリーズのガラスペン「十二」

 

 

12本溝のシリーズではもっともシンプルでスタンダードな1本。

 

一般的な文房具系の筆記具と近いサイズ感です。細身で軽量、持ちやすく手に馴染みやすいデザイン。

 

軸の部分には、ガラスの表面に純銀と純金を吹き付けた着色が施してあります。

 

手にするたびに黄金色、黄色、ピンク、紫、などに色々な色に変化して見える、夕焼けのような色合いも特徴の一つです。

 

 

8本溝のシリーズ「無垢」と比べて滑らかに書けるようペン先の角を落としているため、かかりのストレスが少なく筆記することが可能です。筆記角度の幅も広くなっています。

 

 

持ち手の径10mm  全長165mm  ペン先長27mm  重量23g  (数字は全て約で、若干の個体差もあります)

色の種類は全11色・桜・茜・空・若草・白・青・黒・深緑・鴇・海・藤 (2017.3月現在。名称と種類は時々更新しています)

 

 

 

軸の先端にアクセントになる色の突起をつけてあるので転がり落下を防止できます。

・桜 (2017 春より)  


・茜

・空(2016 冬より)

・若草

・白(2016 冬より)

・青

・黒

・深緑

・藤

・涼

・濃藤

 

 


| 1/1PAGES |